世界一周経験者が語る「一人」旅のメリット・デメリット

 

普通の旅行であれば、家族や友人、恋人などと一緒ですが、長期的に世界一周をしようと思う人は、やはり1人でチャレンジしてみたい!という方が多いですよね。

 

 

しかし実際は、ひとりで旅に出ることに不安を感じる人が多いと思います。
そこで今回は、どんな時にひとりがよくて、どんな時にひとりが辛かったのか、
そのメリットとデメリット、おすすめの方法を紹介したいと思います。

 

メリット

 

 

 常に自由でいられる

 

なんといってもやはり、大きな点は全て自分の好きなようにすることができることです。
ちなみに私は、基本的に1人であることが好きな方でした。
好きな時に起きて、気になる場所でご飯を食べ、時間をかけて写真を撮ったり、などなど。

 

特に写真や食事など、小さくても何かしらこだわりを持っている人にはひとりが最適と言えるでしょう。

 

 出会った人との触れ合い

 

バックパッカー向けの宿、ゲストハウスにはどの国にも大抵同じような一人旅バックパッカーがいます。
どちらかと言えば、ひとり同士の方がお互いに話しかけやすいですよね。
そうして話が弾むと、一緒に夜ご飯を食べたり行動したりすることもできます。

 

友達と旅をしていると、宿の中でも自然とその人との時間を大切にしたいという気持ちが無意識にあるので、
もしかしたら面白い人やその後の旅仲間との出会いという機会を減らしてしまうかもしれません。

 

 余計な心配はいらない

 

2人で旅をするとなると、単純に懸念事項が増えるということでもあります。
例えば航空券を自分は購入できたのに相手が忘れてしまったり、自分のミスで相手に迷惑をかけてしまったりと、お互いに負担をかけるということでもあるんです。

 

その点ひとりであれば、余計なことを考えることなく、自己完結で物事を進めていくことができます
また、相手に余計な負担をかけることもないので心理的ストレスは軽くなります。

 

デメリット

 

 全ては自己責任

 

1人でも何人でも同じですが、その責任感は全て自分にのしかかってきます。
誰かと一緒にいれば未然に防げたかもしれないことや、騙されなかったかもしれないこと、
そういったこともなんとかして飲み込まなければいけない時間は苦しく感じるかもしれません。

 

 楽しい時間を分かち合えない

 

例えばマチュピチュに到着した時の『スゲーーーッ!!!』という心の感動も、
ひとりだとあまり大きくリアクションできないですよね。

 

素晴らしいものを見たり聞いたり、感じたりした時にその思いの丈をアウトプットできないと、
なんだか物足りない気分になってしまうことがあります。

 

とは言え、そもそもあなたが静かに感動を噛みしめるタイプであれば何も問題ありません。
自分の感情をシェアしたいタイプかどうか、事前にちょっと考えてみるのも良いかもしれませんね。

 

 役割分担ができない

 

旅の移動手段、時間、場所など、色々と調べ物をする際にひとりだと時間がかかってしまいます
2人以上であれば、どこからどこまでを調べよう、聞き込もうといった風にやるべきことを分担して情報収集量は増え、かける時間は短くなり、信憑性は上がります。

 

それも含め自分で手探りというのが旅の醍醐味ではありますが、かといって騙されたり情報ミスで飛行機に乗りそびれたりなどの余計なトラブルを起こしたくありませんよね。

 

まとめ

ひとり旅にはメリット・デメリット両方あることが分かったと思います。
とは言え、デメリットも捉えようによってはメリットだと考えることもできます。
最後に、これらを踏まえて私がおすすめする旅の仕方を紹介します。
ポイント
「ひとり」の期間と「誰かといる」期間を作る
単純なことですが、ひとりが寂しいと感じたら友達を呼んでみる or 新たな友達を作ることで、楽しさや面倒を共有し、それが少し冷めてきたらまたひとりになる、、、という繰り返しが一番良い方法です。
どちらの良さも実感でき、段々とどちらのスタイルが好みかを感じられるはずです。